FC2ブログ

八王子で はり・きゅう(鍼灸)・整体・加圧トレーニング ~ひむか治療院~ ~無銘堂~

八王子市で治療院&加圧トレーニングルームを運営する鍼灸師/トレーナーのブログです

酸化

運動を多くする方ほど体が酸化していくと言われています。

故に、アスリートは寿命が短いと。・・・シャレになりません。
これには酸化を防ぐ(抗酸化)物質を摂取することが有効です。

ポリフェノールはよく知られていますが、ビタミンCやビタミンEも抗酸化物質に当たります。
運動にはビタミンB群も大切なので、このことを踏まえて栄養摂取をするように心懸けて下さい。


健康・ダイエット情報 | コメント:0 | トラックバック:0 |

バナナと冷え症

朝バナナダイエット、一時ブームになり、本ブログでも話題にしました。

ひとつ気になることがあるので紹介します。
バナナは基本的に体を冷やす食べ物です。とすると、常食することで体を冷やしてしまうのではと思います。

ということは冷え性の方は症状を悪化させることになってしまうかもしれません。バナナだけでなく、ほとんどの果物に当てはまることです。

冷え性の方が朝バナナダイエットを実施する際は、他の食事でしっかりとバランスを取ることが大切だと考えます。

※もちろん、バナナは非常に使い勝手の良い食べ物で、スポーツやトレーニングをする方にはエネルギー源としても、筋痙攣の防止としてもお薦めです。ガンガン運動する方は食事で体を冷やした方が良い場合も有るでしょう。


「はり・きゅう・整体治療室 無銘堂HP」(PC版)はこちら


健康・ダイエット情報 | コメント:0 | トラックバック:0 |

携帯電話

何かの記事で見ましたが、携帯電話ってすごく汚いらしいです。一説には便座より汚いとか(!)

そこで、施術時に携帯電話を出していただければ消毒致します。

ご遠慮なくどうぞ。

「はり・きゅう・整体治療室 無銘堂HP」(PC版)はこちら


健康・ダイエット情報 | コメント:0 | トラックバック:0 |

扁桃が免疫のキモ

現在私が学んでいる流派では、免疫の中心は扁桃であり、この弱体化が免疫の低下を呼び、慢性疾患や炎症を繰り返す体質、アレルギー等の原因に成りうるという考え方があります。

勿論それにアプローチする方法も公開されており、私も活用させていただいてます。

その方法を知っても鍼が使えないと意味が無いので、今回は簡単な予防法を紹介します。

・・・「鼻で呼吸する。」これです。
口は本来呼吸器ではないので異物を処理することが出来ないため、口呼吸によって前出の扁桃がダメージを受けます。

結果、徐々に免疫力が弱まって行くという現象が起こるのです。

鼻が詰まってる時、寝て起きたら喉がすごいことになってますが、あれだけの差が鼻と口ではあると考えて下さい。

・・・そもそもアレルギーで鼻が詰まってるよ、という人にもそれに対する手法があります。

人に元からある抵抗力を高めていく・・・というのが東洋医学の根底にありますので、この理論はまさに東洋医学の醍醐味だと言えるかもしれません。

「はり・きゅう・整体治療室 無銘堂HP」(PC版)はこちら


健康・ダイエット情報 | コメント:0 | トラックバック:0 |

口呼吸

『鼻は呼吸器だが口は違う』
鼻は空気に加温・加湿し、異物を排除します。口ではそれが行えません。

私も学校で学んだことですが、鼻がつまったりするとどうしても口で呼吸してしまいます。

鼻がつまってなくても、起きたら喉がイガイガする時がありますが、これは寝てる間口で呼吸しているからなのでしょう。

それを防ぐために私も冬場はマスクをして寝ることがよくあります。

しかし、もっと攻めの姿勢?で改善させる方法があると知りました。
なんと就寝前、口に絆創膏を貼って鼻呼吸を促す方法があるようです。

絆創膏程度なら苦しくなっても剥がしてしまえるので、寝ながら呼吸困難にはならないと思います。

興味が有る方は調べてみて下さい。

「はり・きゅう・整体治療室 無銘堂HP」(PC版)はこちら


健康・ダイエット情報 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT